国分寺の大銀杏

あっという間に寒くなり、いよいよ冬がやってくるぞ~!!とういう気持ちで毎日を過ごしております(笑)
私もついに我慢ができなるなり、ストーブを付けはじめました。。。
いつ雪❄が降ってくるのかびくびくしております😱

「国分寺のイチョウの葉が落ちたら雪が降る」
高山ではこのように言われています。地元の人はこの国分寺の大銀杏の葉を目安に
「もう雪が降るぞ!」
「まだ葉がたくさんだから雪は当分まだ降らないな」
と考えているのです。

現在の国分寺の大銀杏はまだまだ紅葉100%💫ではない状況です🍂
木の下の方はまだ緑色が残っており雪が降るのはまだまだ先そう・・・
しかし、気温は着実に下がってきております😭

高山に来たらぜひ一度、国分寺のイチョウの木も見に行ってみてください☆

 

 

 

国分寺 大銀杏
国指定天然記念物 樹齢1250年以上
目通り 約10メートル
樹高  約28メートル

関連記事

  1. 灯籠流し

  2. 第40回 酒蔵めぐり~♪

  3. 白山スーパー林道~ 夏得キャンペーン

  4. 端午の節句

  5. 盆踊り♪

  6. 【秋の高山祭り】 気になるスケジュール&お天気♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

宿泊日で検索